ケガならアイシング

ケガならアイシングを

アイシングの効果を知ろう

スポーツをしていてケガをした場合、適切な応急処置をすることが大切です。ケガには、捻挫や骨折、肉離れなどのさまざまな種類がありますが、それぞれに応じた適切な応急処置は痛みを和らげ、回復が早くなるのを助けます。特にアイシングは、スポーツの色々な場面で使われています。捻挫や打撲をした場合、患部は熱をもって痛みます。熱をもつということは、血液が患部に集まるということで、そうなると回復が遅くなってしまいます。それを回避するのがアイシングで、外から冷やすことによって、痛みと熱を和らげることができ、また筋肉疲労を取ることができます。

ケガをしないためには

スポーツをすることで、健康の維持につながります。そのため、定期的に体を動かし汗をかき、適度な運動を心がけることは、大切です。ですが、スポーツで激しい動きをすることで、ケガをすることもあります。そのような事態にならないためには、日頃から、ストレッチなどを行い、体の柔軟性を養うことも大切です。体に筋がかたくなければ、転んだり、また、急な動きにも、ケガになりにくい傾向もあります。運動をすることは大切なことですが、できるだけ体に負担をかけすぎないように、心がけ、自身の体の健康維持につなげていきましょう。

↑PAGE TOP