スポーツの怪我予防

スポーツの怪我予防をしよう

スポーツでケガをしないように

スポーツによっては、手首や膝などに極端に負担がかかることもあります。競技にもよりますが、自分がする競技では、関節に負担がかかりやすいということをまず把握することは大切です。そしてあらかじめサポーターを使い、関節に対する負担を軽減しておくといいでしょう。スポーツでは、趣味でやる場合にはいいですが、大会など目標などをかかげている方達は、それなりにトレーニングをすることもあります。そのため過酷なトレーニングをして体に対してダメージとなることもあるでしょう。そのような体へのダメージを軽減するためにも、サポーターなどでカバーし、ケガなどしないように心がけましょう。

ケガ予防にはストレッチ

楽しいスポーツ、ついついがむしゃらになってしまい、思いっきり転倒してしまったり、肉離れなど、突然の激しい痛みに襲われることがあります。スポーツのケガを予防するには、やはり準備体操が欠かせません。ついつい面倒になって蔑ろにしがちですが、準備をしっかりと行うことで、ケガが起きにくくなります。前屈や後屈、体側伸ばしなどの全身のストレッチにはラジオ体操がおすすめです。たった5分程度の体操ですが、全身をほぐすプログラムが充実しています。昔から行われていただけだって、体をほぐす最高の準備運動と言っても過言ではありません。

↑PAGE TOP