テーピングで予防

テーピングで予防をしよう

ケガをテーピングで予防

スポーツでは、激しい動きを要求されることもあります。そのため腕や足など関節などを痛めやすい場合もあります。一度関節を痛めてしまうと、クセになってしまうこともありますので、予防をするためにテーピングなどを手首などに巻いてしっかりとサポートしておくことで、ケガなどしにくい傾向があります。ですが、あくまでサポートのため、過度に関節に負担がかからないように、心がけ、スポーツを楽しみましょう。健康のため、ストレス解消のために、さわやかに汗を流し、運動をすることも楽しいものです。無理なくケガなどしないように、楽しみましょう。

スポーツでケガをした場合

スポーツをする時には、ストレッチを事前にしておくことで、ある程度ケガの予防になるでしょう。激しい運動などをした際には、体への負担も大きく、足首をひねったり、転んだりすることもあります。運動をする場合には、十分に注意しながら体を動かすようにすることも大切ですが、スポーツでケガをした場合には、応急処置をすることも大切です。痛みがでたり、腫れてしまった場合には、その状態を長時間放置してしまうと、症状が悪化することもあります。冷やしたり、関節などに負担をかけないように、固定をしたりと、その状況に応じて、適切な処置を心がけましょう。

↑PAGE TOP